マウスピースについて

歯型

マウスピースとは

宮崎県などにある歯医者では、いろんなトラブルに対応できるように、治療をたくさん用意しているでしょう。虫歯の方には、できるだけ削らない治療や、歯を無くした方にはインプラントなどが提案され、治療が行われています。その他にも、顎関節の歪みなどで嚙み合わせ改善が必要な方へは、スプリントと呼ばれる歯の上に被せるように付ける装置を使った治療があります。形や種類はいろいろとありますが、個々の嚙み合わせによって形が多少異なります。通常はゴムみたいなプラスチックみたいなものですが、ものによっては金属製のものもあります。スプリントとはマウスピースのことですが、マウスピースは主に歯並び治療に使われており、顎を安定する位置に固定させることができます。また、歯ぎしりや食いしばりといった癖のある方にもアゴの負担を軽減させる効果があります。

マウスピースでの治療のメリット

マウスピースでの治療は、歯の削るというような後戻りできない治療ではないということです。もし、マウスピースが合わなかったら、外せば済むということなので侵害のない治療方法といえ頻繁に利用されているのです。

顎関節症の治療

顎関節症の治療でも、よくマウスピースが使われているのです。マウスピースというと、歯科治療におけるマウスピース矯正をイメージされる方が多くいますが、顎関節症の治療にも効果があります。

顎関節症のマウスピース

顎関節症で使用するマウスピースは、基本的に上下の顎のどちらか一方に装着します。マウスピースを装着することで、噛み合わせを全体的に高くすることができるのです。

マウスピースの治療効果

顎関節症は、就寝中にマウスピースを装着することで、治療効果を得ることができます。これは、顎関節症の原因である夜間の歯ぎしりや食いしばりとういった悪習慣を防止することができるのです。そして、顎の関節にかかっていた過剰な負担も軽減され、顎関節症の症状自治を改善することができるのです。これが顎関節症の治療方法であり、マウスピースの主な役割になります。