マウスピースの手入れ方法

レディ

手入れ方法について

マウスピースは口の中に入れるものなので、常に清潔な状態を保つことが大切です。そのため、定期的にケアを行っていきましょう。マウスピースには様々な種類があるので、もし、分からない場合には医師に相談してみましょう。

マウスピースの洗い方

マウスピースの洗浄となると、基本的には歯磨きと同じように歯ブラシと歯磨き粉を使用するケースが多いです。洗浄する側は外側、内側とも力を入れすぎないようにして、弱い力で丁寧に磨いていくことがポイントとなります。そして洗い終わったら、十分に注いであげましょう。力を入れすぎて洗ってしまうと、マウスピースが変形したり、破損したりしてしまうので注意して洗ってください。

食事の際はマウスピースを外す

食事の際や飲み物を飲む際にはマウスピースを外すことが大切です。これは、マウスピースを装着したまま飲食してしまうと、マウスピースに食べかすなどが付いてしまい、むし歯や歯周病の原因となってしまいます。また、装着して食べることで、マウスピース自体が痛んでしまうといった可能性もあるため、食事の際にはマウスピースを外すようにしましょう。その他、マウスピースを付けたまま熱い飲み物を飲んでしまうと、変形してしまう可能性があるので、しっかり確認した上で飲むようにすることが大切です。食事した後は、歯磨きをしてからマウスピースを装着しましょう。

マウスピース専用のクリーニング剤

マウスピースを開発しているメーカーによっては、専用のクリーニング剤を提供している場合があります。通常の洗浄に加えて、クリーニング剤を使用することでより清潔に保つことができるのです、使用方法や価格については、各メーカーによって異なるので、詳しくは病院で相談してみましょう。また、最近では漂白剤でマウスピースの汚れを落とすことができるといった情報があります。漂白剤にしばらく付けることで、マウスピースは除菌され、さらに臭いも無くなり、歯石の付着を防ぐことができるのです。しかし、素材によっては使用することができないものあるので、漂白剤につける前に確認しておく必要があります。

マウスピースの保管方法

マウスピースを外す際には、専用のケースに入れて保管するようにしましょう。もし、ケースに入れずに放置してしまうと、埃が被ってしまい、不衛生になってしまいます。さらに誤って破損してしまうこともあるので、使用しない場合は必ず専用のケースに入れておきましょう。また、マウスピースにはハードタイプとソフトタイプがあり、それぞれ硬さや吸水性が異なります。マウスピースは、吸水性によって保管の際に注意すべき点が違うので覚えておきましょう。ハードタイプの場合は、吸水性が高いため、乾燥させてしまうと破損してしまいます。そのため、もし使用しない場合には、水につけておき乾燥を防ぐ必要があるのです。もし、専用の容器が近くにない場合には、コップなどに水を入れて保存するといいでしょう。一方のソフトタイプであれば、吸水させることで変形してしまう可能性があります。だから、洗浄した際にはしっかりと水を切り、風通しの良いところで十分に乾燥させましょう。持ち運ぶ際には、細かい穴が開いているような湿気のこもらない通気性に優れた容器を運ぶのが望ましいです。さらにソフトタイプの場合では、装着しながら色の付いているお茶やジュース、ワインなどを飲んでしまうと、マウスピースに飲料の色素が沈着してしまう可能性があるので、着色を防ぐためにも、マウスピースを装着しながらの飲食は控えるようにすることが大切なポイントとなります。